ホーム > ビタミン&栄養素

ビタミンと栄養素

アンチエイジング医療では、必要なビタミンや栄養素を検査で評価します


遺伝子の発現は、ビタミンや栄養素により影響されます。からだの細胞の1つひとつは、たんぱく質や脂肪酸などの栄養素でできています。細胞の機能もビタミンなどにより調整されます。細胞間の伝達物質も栄養素が関わります。
このように大切なビタミンや栄養素ですが、一人ひとりに必要量が異なります。

私たちのアンチエイジング医療では、あなたのビタミンや栄養素を検査で評価し、必要量を補います。

栄養素不足は、アンチエイジングの大敵


連作で痩せた畑。水耕栽培。
野菜に含まれる栄養価は、年々下がり続けています。

 

¥家畜や家禽の飼育もホルモンや抗生物質を使用しています。
牛に穀物を与え、鶏をケージで飼い運動させません。
自然な生育とは、かけ離れているものが見受けられます。

 

加えて産業革命以降は、身体活動量の減少で摂取する食事の総量が減った分、
ビタミンなどの摂取量も減少しました。

流通所用時間、冷凍食品、冷蔵庫での保管期間、あるいは調理方法で
口に入る栄養価は、どんどん低下します。

変わらぬ遺伝子


これほどに生活が便利になったにもかかわらず、
石器時代の先祖とほとんど変わっていないものがあります。
それは私たちの遺伝子です。

体内のタンパク合成や代謝なども遺伝子の支配を受けていて、
必要なビタミンなどの栄養素量は、先祖と同じ量が今でも必要です。

それゆえ、不足している栄養素にはサプリメンテーションが必要となります。

最も危険なセルフメディケーション


一方、「○○ビタミン は健康にいい」などの謳い文句に乗せられ、
自己判断で過剰に摂取している人たちがいま す。
しかし、これはアンチエイジング医療の観点からは危険です。

過剰なビタミンが有害 である一例に、フィンランドでの肺がん予防の臨床研究があります。
ビタミンAの抗がん 作用を期待して、多数の喫煙者にビタミンAを与えました。
すると、むしろ肺がんが増加 し、研究自体が中止となりました。

サプリメント1つ摂るにも、検査と最新の知見に基づ くことが肝要です。

サプリメントについて

今やサプリメント市場は大きいので、様々な企業が参入しています。ゆえにサプリメントは、企業の哲学や設計者によりまちまちです。
パッケージの名前が同じであっても中味は別ものなので、選ぶ側にはそれ以上の知識が求められます。
ここにもセルフメディケーションのリスクが存在します。

新着情報

一覧を見る

2012/10/12

サイトを公開致しました。


〒491-0859
愛知県一宮市本町1丁目4-19

【診療時間】 8:30~18:00
※土曜は16:00まで

【診察日】月、火、水、金、土(午前)



〒604-0831
京都市中京区二条通東洞院東入松屋町36
リベラ二条東洞院4F

【診療時間】 8:30~17:00
※土曜は16:00まで

【診察日】土、日


お問い合わせ 詳しくはこちら