オーソモレキュラー栄養療法

オーソモレキュラー医学とは?

栄養素と食事による心と体に優しい根本治療

オーソモレキュラー医学は、アミノ酸、脂質、ビタミンやミネラル等の栄養素により、健康の質や様々な病気を生体の分子レベルから改善していく治療法であり予防法です。

薬は症状に合わて飲みますが、オーソモレキュラー医学は原因へのアプローチです。
また、身体に足りないリソース(ホルモン、ビタミン、栄養素など)を補充する事は、アンチエイジングにとって大切なポイントの1つです。

栄養素は経口サプリメントで与える場合と、点滴などで与える方法があります。

しかし近年は、ニュートリノゲノミクスという一人ひとりの遺伝情報に基づく、よりきめ細やかな栄養素の摂取が主流となりつつあります。

<edit name="tx01" tag="p">テキスト編集エリア</edit>

チェックシートで自分の不足している栄養素を知ろう!
いずれかの項目にチェックが付くようであれば、まずは食事を含めた生活習慣を見直しましょう!
詳しくはこちら>>

鉄欠乏
  • 時々、たちくらみやめまい、耳鳴りがする
  • 肩こり、関節痛、筋肉痛がある
  • 頭痛になりやすい
  • のどに不快感(つかえ感)がある
  • 生理前に体調が悪くなる、生理の出血量が多い
亜鉛欠乏
  • 風邪をひきやすい
  • 髪を洗っている時髪がぬけやすい
  • 食欲不振になりやすい
  • 肌が乾燥しやすい、かぶれやすい
  • 傷の治りが悪い、跡が残りやすい
タンパク欠乏
  • 肉や卵はあまり食べない
  • ご飯や麺類、パンだけで食事を済ませてしまう時が多い
  • 野菜中心もしくは和食中心
  • 肉体労働をしている、スポーツをよくする
  • 胃薬を良く服用している
ビタミンB欠乏
  • とにかく疲れる、寝ても疲れがあまり取れない
  • 記憶力が衰えている
  • 集中力が続かない、イライラしやすい
  • お酒をよく飲む
  • 口内炎がよくできる

不足している栄養素がある方は一度栄養検査を受けることをお勧めします。

栄養解析

あなたの状態を知るところから始まります あなたの状態を知るところから始まります

詳しい問診と必要に応じた生理学検査や生化学検査などにより、あなたの身体の状態を知るところから始まります。
検査結果の一部には、MSS社(東京)の栄養解析レポートシステムを利用しています。

加えて、遺伝子を知ることは必須となります。

再評価

あなたの状態を知るところから始まります4-6週間しっかりと取り組んでいただいた後に再評価を行い、相談の上、次の目標を設定します。

経過を拝見させていただくために、特に女性は3ヶ月に1回程度の受診をお勧めします。

ドクターズサプリメント

市販のサプリメント(コンビニサプリメント)との違いは?

市販のサプリメントと違い、当サロンのサプリメントは、高濃度の栄養素を効率よく摂取可能な医療機関のみで扱われるサプリメントです。
栄養素の吸収率や相乗効果を考えて濃縮方法を工夫してあります。
安価な合成ビタミンや過剰ビタミンでのガン発生が報告されているので、成分には注意が必要です。

ページの上へ戻る

薬との違いは?

薬は、自然界に存在しない物質なので常に副作用の心配が伴います。
一方、栄養素は生物が地球上に出現した時より常に利用されてきたものです。
したがって栄養素は、生体内での反応を良く知った上で適切に使用されるなら、薬理学的観点からも安全性が高いと考えられます。
しかし検査をせずに多量に摂取することは、一般的な食品に添加されているようなビタミンCやビタミンEですら、健康に対して危険であると考えられます。

ページの上へ戻る

サプリメントの摂取量は?

病態改善のためには、単純に不足を補うだけに必要な栄養素の量に留まらず、一般的に考えられている栄養所要量よりも多い至適量を用います。
そのため摂取量は各個人により全く異なり、時には栄養所要量の100-150倍に達します。
その一方で、遺伝的背景により最低限度に留めておかなければならない体質の方もいます。
自己判断でアマチュア的に過剰量を漫然と摂取する方がいらっしゃいますが、有害であり危険です。
遺伝子に応じた食事の見直しが基本で、漫然とサプリメントを摂らない事が大切です。

ページの上へ戻る

サプリメントを摂ってさえいれば、何とかなりますか?

いいえ。
身体の不具合を治したりアンチエイジングを図るためには、薬の代わりにサプリメントさえ飲みさえすればというような安易なものはありません。食材や調理方法、食事の量や回数、運動、ストレスのコントロール、ホルモン、睡眠時間やその質、環境など、様々な事柄を自ら見直す努力が欠かせません。

そうした努力の積み重ねで、精神科医から一生薬を飲まないといけないと宣言された統合失調症の方が、すっかりとお元気になられたこともあります。写真に収めていないので残念ですが、この方が初診でお越しになられた時は、とても異様な奇抜で、ちぐはぐなメークでした。しかし改善した頃には、ご本人は気付いていないのですが、チャーミングなナチュラルメイクに変わっているようなこともありました。

ページの上へ戻る
こんな時にお役立て下さい
  • つわり・貧血がつらい妊娠中の方
  • 成長期のお子様
  • 肥満・ダイエットを考えている
  • 口内炎やむし歯になりやすい
  • 肌荒れ・にきびが気になる
  • アトピー性皮膚炎など皮膚のトラブルが多い
  • めまいや頭痛がひどい
  • 最上の健康を目指す方

コラム     鉄の出納

ご婦人方に人気の「鉄」は、生命を維持するのに必要なミネラルである一方で、フリーラジカルといって必要だけれども過剰だとかえって体を傷つけてしまうものの元にもなるのです。したがって鉄は体内では厳密に管理されています。

鉄を摂取することも大切かもしれませんが、足りていなければ出ることも抑えましょう。
むしろ優先的に、つまり赤字決算対策です。

「風が吹けば桶屋が儲かる」という話をご存知ですか?
同様に病気や不調の原因には、その原因があり、またさらにその原因がある。

生きる価値観を見出せない生活や単調な生活で胃炎が生じて鉄の吸収が悪くなる。それで鉄が不足して貧血になる。そして生理がますますひどくなる。鉄がもっと減ってしまって、うつ気味になる という具合です。

このような方の本当の原因は貧血ではなく、日中に適度なストレスがなくて副交感神経が優位だから。それはなぜか? -- 「日中に興味がわくものがないから」。

貧血の改善、胃炎の改善、でも最後に目指すものは有意味な生活です。

栄養素だけで解決しない場合には、ストレスチェックなど他の視点が必要です。




コラム     皮膚は健康の鏡

外部環境と境して、からだをしっかりと守ってくれている皮膚ですが、優秀な健康のバロメーターでもあります。消化器の一部でもある口腔粘膜の方が鋭敏と思いがちですが、皮膚の方がからだの内面をしっかりと表してくれます。

ところで写真は、手荒れがひどく、皮膚科でステロイド軟膏の処方を受けるも、半年以上変化が認められないため、栄養相談に来られた方です。
食事を含め生活習慣の見直しに取り組まれ、徐々に手の状態も改善して行く様子が分かります。

初診時



一ヶ月後



三ヶ月後


この方のように、自らの身体の変化に早めに気付き、病気になる前に、食事やストレス、運動などの生活習慣の改善に取り組む事が大切だと考えます。 また健康の回復を図る時には、漫然と治療を受けるのではなく、半年も一年も同じ事を続けて変わらなければ、一度立ち止まって、それまでの取り組み方や治療方法を見直す努力や適切な支援を受けるのが良いと思います。

また、化粧は女性をより美しく、魅力的にみせるものですが、欠点を覆い隠したり、補正するというネガティブな発想より、自分の内面を磨いた上で、それをより一層引き立たせるものというポジティブな発想の方が素晴らしいと思います。
ドクターズサプリメント イメージ ドクターズサプリメント イメージ ドクターズサプリメント イメージ
改善例
心の病気
  • 総合失調症
  • パニック障害
  • うつ病
子どもの症状
  • ADHD、LD
  • 自閉症、アスペルガー症候群
  • チック(トゥレット障害)
女性の悩み
  • 更年期障害
  • 不妊・不妊症
  • 貧血
  • めまい、メニエール病
  • 生理痛、子宮内膜症
  • 冷え性、手足の冷え
その他
  • アトピー性皮膚炎
  • 肥満、ダイエット

*新宿溝口クリニック症例より

オーソモレキュラー栄養療法について更に詳しくはこちら オーソモレキュラー.jp

新着情報

一覧を見る

2012/10/12

サイトを公開致しました。


〒491-0859
愛知県一宮市本町1丁目4-19

【診療時間】 8:30~18:00
※土曜は16:00まで

【診察日】月、火、水、金、土(午前)



〒604-0831
京都市中京区二条通東洞院東入松屋町36
リベラ二条東洞院4F

【診療時間】 8:30~17:00
※土曜は16:00まで

【診察日】土、日


お問い合わせ 詳しくはこちら