メディカルサロン ナチュラルデンティストリー Blog

2019年3月22日 金曜日

アルツハイマー治療薬

みなさま、こんにちはsun

今日の日経新聞に
日本の製薬会社のアルツハイマー治療薬開発
中止の記事がありましたdown

期待を寄せていた人もきっと多く
残念ですweep

米国や欧州の製薬会社も
新薬の失敗が相次いでいるとのことshock

ところでアルツハイマーの症状は
確かに高齢になってから判るのですが、
その発症は、実は40代ぐらいと言われていますflair

ですから症状が現れてから薬を服用しても
上手くいかないことに頷けます。

そしてもし、アルツハイマーを予防したいのなら
やはり40代から取り組まないといけませんflair

投稿者 滝歯科医院 | 記事URL

2019年3月 6日 水曜日

更年期・閉経期の寝汗やホットフラッシュと糖尿病の関係

皆さま、こんにちはsun

更年期や閉経後に寝汗やホットフラッシュなどの症状に
悩まされている方は、比較的多いのではないでしょうかsweat02

さて、これらの症状は、
将来の2型糖尿病の発症に高い関連性があるようですsign01

15万人の女性を対象に長期間観察した調査では、
更年期に寝汗やホットフラッシュなどの症状があった人では
1000人中11.3人が糖尿病になったのに対し、
これらの症状がなかった人たちでは1000人中8.4人が糖尿病になりましたannoy

これをリスクとしてみると、寝汗やホットフラッシュに悩まされた人では、なんと糖尿病発症のリスクが18%も増すことになりますsign01

しかも症状がひどい人たちだけで見ると、
50%も糖尿病のリスクが高まりますsign03

寝汗とホットフラッシュの両方の症状がある人の方が、
どちらか1つだけ症状があった人よりも糖尿病リスクは高く、
特に寝汗の症状を訴えた人は、ホットフラッシュの有無に
かかわらず、20%もリスクが増加していました。

悩まされる期間の長い人の方が糖尿病発症リスクも高いことも判明しました。

肥満はしばしば糖尿病の発症のリスクと言われますが、
この寝汗やホットフラッシュの症状は、肥満とは関係なく
糖尿病のリスク要因であることもわかりました。

つまり、これらの結果からわかることは、
糖尿病になってから治療に励むのではなく、
糖尿病になる前に、つまり更年期のうちに
ルートマップの道筋を変えるべきであるということですflair

そこに私たちがわざわざ
ヨーロッパから持ち帰った医療の価値があるように思います。

投稿者 滝歯科医院 | 記事URL

2019年3月 4日 月曜日

40代のダイエット

皆さま、こんにちはsun

今日のテーマは40代のダイエットです。

40代に太ってはいけないことに
アンチエイジング上、
実は大変重要な意味があるのですsign01

中年期の二の腕やお腹周り、セルライトなど
悩みはつきませんが、
特に女性ではセルライトが一旦付いてしまうと
取り除くことはとても難しくなりますdown

なぜなら、男性の脂肪とは違って、
セルライトが脂肪の格納庫になっているからです。
ですから、初めから付かないようにすることがとても大切ですflair

40代と言えば、まさに更年期とも言えるでしょう。
更年期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)という、いわゆる女性ホルモンが減少し始めます。

すると私たちの脳は、女性ホルモンの減少を敏感に察知して
卵巣にもっと働いてもらうように、
LHやFSHという刺激ホルモンをどんどんと出すのです。

FSHには脂肪細胞も刺激する作用があるので、
どんどんと脂が付いてしまうわけです。
脂肪組織は女性ホルモンを作る臓器でもあるので、
衰えた卵巣機能を代償するために
脂がつくとも言えるかもしれませんannoy

ところで、脂肪細胞から作られる女性ホルモンは
乳がんを起こしやすいタイプのエストロゲンですflair
だからこそ、ホルモンも検討事項に入れた
太らないプログラムはとても大切ですsign01


機能低下による性ホルモンの減少は、
すでに40を超えた辺りから始まっていきます。
まず、プロゲステロンから減少し始めます。
そのためエストロゲンが優位となり、
イライラannoyと気分も優れなくなってしまうのです。

このエストロゲン優位の状況も、
乳がんのリスク要因ですflair

そしてプロゲステロンを作らせるための刺激ホルモンの
LHが極端に高ければ、
将来のアルツハイマー型認知症のリスク要因でもあります。

男性もテストステロンが無くなってくるので、
内臓に脂肪がつきやすくなります。

したがって、食事や運動の面からだけではなく
ホルモンについても関心をもって
ダイエットに取り組んでみませんか?

投稿者 滝歯科医院 | 記事URL

2019年2月20日 水曜日

笑気麻酔

皆さま、こんにちはsun

先日、笑気麻酔について問い合わせがありました。
笑気は英語ではlaughing gasとなりますが、
本質は亜酸化窒素という気体です。

このガスを吸入するとぼんやりとなり、
人によっては笑うため笑気という名前になったようですnote

笑気は歴史的に見れば、1845年にアメリカの歯科医師が
初めて麻酔に用いたところから始まり、
様々な領域の全身麻酔に利用されました。

笑気吸入鎮静法とは、
鼻にマスクをつけて酸素とともに笑気を吸入してもらい
歯科恐怖症の方などにリラックスした
鎮静状態で治療を行う方法ですheart01

ところでこの笑気は、
ヒトのからだの中でビタミンB12を不活化してしまいますimpact

ビタミンB12は、メチレーションという
カラダの中心的な回路に不可欠のモレキュールです。
ちなみに自閉症では98%、パーソナリティ障害で95%、
統合失調症90%、うつ38%でメチレーションが上手く働いていないことが知られています。

これらを患っている人たちの
メチレーションサイクルを積極的に改善しようと、多くの
欧米の臨床家が取り組んでいるところに、
まったく反対のことを実施するのは本末転倒と個人的には考えます。

メチレーションは、デトックスや遺伝子発現にも深く関わる回路でもありますsign03
上手く働かないメチレーションサイクルの先には、
老化関連疾患、すなわち、
がん、糖尿病、循環器疾患、アルツハイマー病などが待ち構えています。


笑気は、MTHFRという葉酸の代謝に関わる酵素に負の作用をもたらしますimpact
遺伝子検査がすすんだ今日では、多くの日本人に、この酵素に遺伝子多型が認められています。
つまり上手くこの酵素が働かない人が実に多く、さらに悪化させることが想像されます。

したがって当院では、150年前の方法を漫然とは扱っていませんdanger

むしろアンチエイジングのために、
メチレーションに関わる遺伝子検査を含めた諸検査をおすすめしていますflag

投稿者 滝歯科医院 | 記事URL

2019年2月15日 金曜日

パリから帰国しました

皆さま、こんにちはairplane

最新のアンチエイジングの知識を身につけ、
昨日、パリから帰ってきましたsign01

今回の集中講義も、
いつものごとく膨大なスライドで
記録が追いつかないほどでしたflair
しかし、普段の臨床にも応用できる内容です。

講師の先生のフェースブックから拝借した写真です。


今回は2名の日本人のお仲間が加わり、
最前列に私たちを含めて
4人日本人が並んでいますup

人生100歳時代というならば、
40-50代のウインドウ期間の人には不可欠の知識だと思います。

ウインドウ期間を過ぎると、
生物学的にチャンスはないと、
いつも講師は強調されていますflair



投稿者 滝歯科医院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2012/10/12

サイトを公開致しました。


〒491-0859
愛知県一宮市本町1丁目4-19

【診療時間】 8:30~18:00
※土曜は16:00まで

【診察日】月、火、水、金、土(午前)



〒604-0831
京都市中京区二条通東洞院東入松屋町36
リベラ二条東洞院4F

【診療時間】 8:30~17:00
※土曜は16:00まで

【診察日】土、日


お問い合わせ 詳しくはこちら